補助金申請に関する業務

補助金の場合、それぞれの補助金ごとに目的と仕組みがあります。ポイントとしては、以下の通りです。

①補助金は、さまざまな政策ごとに、いろいろなジャンルで募集されています。

②それぞれの補助金の「目的・趣旨」が違います。そのため、自社の事業に合う補助金であることが大切です。

③補助を受けられるのは例外もありますが、大抵が一部の費用となります。全額ではありません。また、経費の内容によっては、補助対象外の場合がありますので、事前に募集要項で補助対象となる経費や補助の割合、額などを良く確認する必要があります。

④補助の有無やその額については審査があります。補助の有無・補助金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決定します。審査には「申請」が必要です。その時に、経営計画書や決算書等、書類を作成する必要があります。

⑤補助金は後払い ( 精算払い ) です。事業を実施した後に報告書等の必要書類を提出して検査を受けた後、はじめて受け取ることができます。なので、資金計画も十分に検討しないと、後々実行段階で困るケースもあります。

補助金申請のコツ

Impressions